ギガナウ

auのデータチャージを初めて利用した。0.5GB(500MB)が594円、1GBが1080円。実は有効期限があって、62日。チャージしたからと安心しないようにw

auのプランの、例えばデータ定額2は月額3500円であり、データ定額3は4200円。データ定額2の人はプラン変更して1GBのデータ容量を700円UPで買えるのと同じことになり、お得。

ところが、このデータ定額のプラン変更、適用は翌月からなんですよね。スマホのゲームをプレイ中かつイベント期間中。しかしWi-Fiが不調でスマホの回線を使っている事情から通信量が今までにないくらい増えてしまっている。なので、今すぐデータ容量が欲しいw 翌月とか言ってられないのです。

データ定額のプランよりも通信量が上回った場合、そこから128kbpsでの通信。とても遅い。4G LTEの速さを保つには、チャージするしかない。データチャージは買ったらすぐに残りデータ容量が増える。

ポケモンGOは実はデータ量はそうでもないけど、それは極めて珍しいケース。基本ゲームアプリというのはデータ量の消費が凄まじく、乃木恋というゲームは1GBのデータチャージをしたけど早くも底をついたw もう0.5GB追加することに。幸い、イベントは明日までなので、あさってからはデータチャージが必要になることは恐らくないでしょう。

データ定額プランを当月適用させてくれないのは、まあそういうことなんでしょう。こんなこともないとデータチャージの仕組みを知ることすらなかったので、手痛いけど勉強になりました。

すぐにまとまったデータ量が欲しければデータチャージを、来月まで待てるならプラン変更を。そんな感じのようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コメントの投稿

(スタイル用のHTMLタグを使えます)