オーマイガーヌガー

4月19日にAndroid 7.0へのアップデートが降ってきた我が自慢の愛機・HTC10(HTV32)。電池の減りがちょっと速くなったのかなー、というのは何となく思っていたけどしばらく問題なく使えていた。

去年の8月頃に購入した時はAndroidは6.0。そこから今年の4月19日にアップデートするまでは成績優秀な優等生ぶりを大いに発揮。何をやらせてもそつなくキビキビとこなす。

Android 7.0(コードネームはNougat)にアップデートして数日が経った2017年4月21日金曜日。自慢の我が子が突然暴れだした。これまであまりに良い子を演じすぎたのだろうか。起こった不具合は以下のようなもの。

  1. 充電ができない
  2. バッテリーの表示がおかしい
  3. 勝手にリブート(再起動)がかかる
  4. ゲームアプリが1回何かを実行しただけですぐに落ちる

「規格にあった充電コードを挿して下さい」と、HTC10を買った時に付いてきた充電器と充電コードを挿したら言われたw 純正中の純正やろー、これ。ただ、それが出た時はもうすぐ100%フル充電になろうかという時だったのでさほど焦りはなかった。

出先でバッテリーが残り85%ほどになった時に、ポケットに入れてる間に再起動。何もしてへんよ、自分はw 勝手に、再起動。再起動後に通知バーのバッテリーの%のところを見ると、まさかの33%。いくらなんでも減りすぎ!

バッテリーが残り33%になったのに、何を思ったかそのタイミングでゲームを始めたんですけどねw どうせ調子が悪いなら色々試しておこうとw そしてゲームもやっぱり挙動が変。スマホのゲームが落ちることはあるけど、1回実行したら落ちるなんてことはなかった。明らかに落ち方としてはおかしい。

「そう言えばAndroid 7.0にしてからスリープにはしても電源をOFFにしたことはなかったっけ」。

電源をOFFにしてみた。

ドキドキ。

バッテリーが76%と表示されてたw 33%から一気に残り時間回復キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!というかたぶん本当は76%が正解w

モバイルバッテリーでの充電もできるように。帰ってから純正のACアダプタとケーブルでつないだけど、何の問題もなく充電が始まった。

ゲームも、今までのような予想できる範囲で落ちるw 異常な頻度で落ちることはなくなった。

そうそう!バッテリーの減りもAndroidが6.0だった頃と同じぐらいになった。何もしていない時にボディが冷え冷えになるのも相変わらず。放熱がよく効いているみたいです。

全てがようやく落ち着いたのです。電源OFFで解決するとは思いませんでしたが。電源を完全に切ることで、断片的になっていたものがしっかりと1つにまとまったのかもしれません。そういうことが本当にあるのかは分かりませんけど。

一連の不具合はアップデートが原因ですね。アップデート前には一切見られなかったことばかりだったので。

ふと思ったんですが、みなさんってスマホは例えば寝る前とかに毎回電源はちゃんと切ってるんですかね?自分はスリープですね、ずっと。パソコンとかはちゃんと電源を切るのに、スマホはしないんですよね。

困ったら「電源をOFFにする」というのはアリみたいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コメントの投稿

(スタイル用のHTMLタグを使えます)