カミコ


神巫女の2面わかんない! - 二次元裏img@ふたばログ保管庫 ふたろぐばこ

ニンテンドースイッチを買って初めてプレイすることにしたゲームが神巫女(KAMIKO)。500円という価格がニンテンドースイッチの入り口にはピッタリだと思いまして。

「ニンテンドースイッチのオリジナル作品」というのがもう1つの買った理由。ダウンロードゲームは既に10数本配信されていますが、3DSや過去のゲーム機のソフトの移植が多かったんですね。でもいずれはやっていくんですけどw

そしてやはりこの神巫女は2面でつまずく人がいらっしゃるんですね。自分もそのクチw アクション面、例えば「レバーを動かすと一定時間橋が出現する」みたいな仕掛けがあります。ダッシュをしながら敵も避ける。レバーから橋まではまあまあの距離があり、モタモタしてたら橋は消えてしまいます。

でもそういうのは繰り返しやっているとコツを掴めてきますが、謎解きの方は昔から苦手w 今回も完全にネタバレではなかったのですがヒントを頼っちゃいました。今はだから無事に2面をクリアして3面の最初のところでセーブをしたところです。

ちなみに、既に何回も死んでいますw コンティニューが何回もできてしかもセーブしたところから始まるので死ぬこと自体は恐れなくて大丈夫なんですけど、言いたいのは難易度ですねw それなりに難しいです。でもアクション好きだしjoy-conのスティックとボタンの感触の良さとjoy-con自体のフットワークの軽さで操作自体にストレスを感じることはありません。

今年4月に配信されたばかりの新作なのにドット絵というのも気に入っていますしw サウンドも良いですね。ニンテンドースイッチ本体は良い音を出してくれます。クリアです。

主人公の女の子は3人います。制服っぽくてスカートの一番短い子にしましたw そういうの好みなんです。ドット絵ですけどねw 近距離攻撃が得意ということで敵を次々となぎ倒していきます。ゲージを貯めると必殺技を繰り出せます。彼女は回転斬りをしながら移動します。数秒間ならそのエリアの敵を一掃するぐらいはできます。爽快感半端ないですw

「神巫女」、まずはクリアを目指したいですね。ニンテンドースイッチでしかできないゲームはけっこう爽快感があって楽しいね、という話。しばらく遊んでゆきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コメントの投稿

(スタイル用のHTMLタグを使えます)