プラスマイナスオセマス

joy-con_on_joy-congrip.jpgNintendo Switchのjoy-conをjoy-conグリップに装着したところ。グリップにくっ付けると2つあるjoy-conが一つのコントローラーに化ける。このやり方だとしっかりと手元を固定して操作できます。joy-conを分離させるともう1つを他の1人に渡して2人対戦ができるし、1人でも青コンを左手に赤コンを右手に持てばゆるーく遊べる。

ニンテンドースイッチ本体が3つのモードにスイッチしますが、joy-conグリップもまた少しずつ姿を変えるというわけです。

ところで、-と+というのはボタンなんですねw 気付いたのはニンテンドースイッチを買って1週間後のことw ブラスターマスターゼロというゲームをやっている時にオープニングをどうやっても飛ばせなくて「何か変だなぁ」と思ってたのですが、変なのは自分でしたというのを今から書きますw

このゲームは他のゲームがそうであるように、オープニング画面でストーリーが流れて、それが終わるとタイトル画面に映ります。タイトル画面ではゲームを始めたりオプションだったりを選ぶことができて、いよいよゲームが始まるぞ、といういわばトップページのようなもの。

最初はオープニングって見ますよね?でも次からはオープニング飛ばしてタイトル画面から始めますよね?+ボタンはそれができるボタンらしいw 昔で言うところのSTARTボタンと同等。

ブラスターマスターゼロのオープニングが流れた時に+ボタンを押しました。タイトル画面に飛びました。やっぱりこれ、STARTボタンなんですね。ブラスターマスターゼロの前に神巫女というゲームをやっていたのですが、それは最初からタイトル画面だったから普通にAボタンを押せば良かったんです。だから気付かなかったんです。+と-を意識しなくてもゲームができたんです。ある意味不幸だったのかもしれないw

いや、普通は気付くんでしょうけどw ちなみに、-ボタンはSELECTボタンのようです。ブラスターマスターゼロではどちらにもメニューが割り当てられていました。せっかく地図を手に入れてもどのボタンを押しても出てこないから変だと思ったんですよね〜w

ところで、joy-conグリップに取り付けた時のjoy-conの配置で説明すると、上にも左右2つずつボタンがあります。ZLとL、ZRとR。そことかも押してたんですよねw でも地図が出ないのw ブラスターマスターゼロではそもそも使わないボタンみたいですしw

ニンテンドースイッチは紙のも電子のも説明書が入ってないので、自分ほどじゃないにしても操作で戸惑う部分はあるかもしれません。「ゲームやってればそんなの慣れる」と思っていたけどこの有様w

+も-もこれからはボタンとしてちゃんと意識するようにしますw

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コメントの投稿

(スタイル用のHTMLタグを使えます)