確信HR


阪神タイガース・福留孝介。2017年8月2日にマツダスタジアムで飛び出したホームラン。数日休養した後の最近のドメ選手はスイングのキレが良くなっているように思います。先日のナゴヤドームでの中日ドラゴンズ戦で飛び出したホームランもそうですが、彼がホームランを確信した時の仕草というのか、そういうのが凄くカッコ良いんです。

でも、大抵はこの動画のchapter1のように、打った後は打球がスタンドインするまでをカメラが追うので、打った後の動きはなかなか放送されない。今回はサンテレビだったと思いますが、打った後の様子が分かるアングルで映してくれていました。グッジョブですね、これは。

chapter2では、打った瞬間ホームランだと分かる打球を放った直後の福留選手の様子。「もうスタンドインするのは経験上分かっているのでバットを投げつついつもよりゆっくりと1塁方向へ走り出す」感じが好きですw

若手だと入るのかそうでないのか判断できないところもあるのか、打ったら全力で走り出す感じ。全力で走って、スタンドインを見届けてようやく走りを緩めるけど、普通はそうですよね。レアケースもあって、新井良太選手はファールで、DeNAベイスターズの後藤選手はレフトフライなのにバット投げをしていて笑えましたけどねw あれはちょっと気まずいですよねw

ドラゴンズの福田選手もそうですが、ホームランを打った後のバット投げってファンサービスの一つになり得る魅力があるように思うんですよね。プロの投手とは言え、彼らに与えるダメージも大きそうだし、何より応援している側としてはスカッとしますw

福留選手は中距離打者なのでホームランを求めているわけではありません(勝負強さの方をむしろ買っています)が、打った時のインパクトが大きいタイプの選手ですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コメントの投稿

(スタイル用のHTMLタグを使えます)