スガタスイッチ

ニンテンドースイッチは本体にjoy-conがくっ付いています。スイッチでゲームはやっているけど、joy-conを本体から分離させてないなぁ、長いことw これだけ分離させないでいると折り畳めないかつ1画面の3DSみたいに思われてしまいますねw

でもあれは左右joy-conをドッキングさせてるんですよね。コントローラーはデフォルトで2つ付いてくるということも意味しているのですが、これまた対戦をしないので2コンあることを意識することがほとんどありませんw

そして今回、そのコントローラーさえも意識することがないゲームに出会いましたw 本体中の本体、タブレット部分のみを使うVOEZという音ゲーです。タッチパネルで操作します。joy-con?外して手元に置いておきますw まあ外さなくても良いんですけど、外せることを時々は思い出しておきたいのでw

精度は極めて良好。音ズレとかはまず起こらないし、ちゃんと押したなりのリアクションをしてくれます。めっちゃ強く押し込む、とかそういうのはいらないですね。普通に押せば普通に返ってきます。

「ニンテンドースイッチの本体」と言うのは簡単なのですが、持ってない人はどの姿を想像するのでしょうね?

自分の場合は、テレビとドックをHDMIケーブルでつないでいて、これはそのまま繋ぎっぱなし。動かさない。ゲームをし終えたらこのドックに立て掛けておく。充電も兼ねて。これは、ニンテンドースイッチの姿。

そのままドックから取り出したら携帯モード。スタンドを出してjoy-conを外したらテーブルモード。どれもニンテンドースイッチの姿なんですよね。

タブレット端末ライクに使う姿も見せるとは思いませんでしたねw なかなか器用なゲーム機だと思いました。

明日のニンテンドースイッチはどんな姿を見せてくれる?

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コメントの投稿

(スタイル用のHTMLタグを使えます)