海の向こうがそうだから

日本でも「申告敬遠制」を採用 プロ野球は今季から適用へ - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

野球のプロ、アマ合同の規則委員会が11日、東京都内で開かれ、ルールブックを改定して、投球せずに敬遠四球にすることができる「申告敬遠制」を採用することを決めた。プロ野球は今季から適用する方針で、実行委員会や12球団監督会議などを経て正式決定する。  

米大リーグでは試合時間短縮を目的に昨年から実施されている。2020年東京五輪を含めて今年から世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の主催大会でも採用されるため、日本でも導入することが決まった。  

敬遠する場合、守備側の監督が球審に意思表示すれば、一球も投げずに打者を一塁に歩かすことができる。申告せずに、従来通りに4球投げることもできる。

クロマティや新庄の時みたいに「えっw 敬遠球打っちゃったのwww」っていうドラマティックな盛り上がりがまた1つ消えてしまうわけか。本塁でのクロスプレーの激しさとエキサイティングさはすでに消えてしまったわけですが。

そして、MLBが導入したからNPBも導入しますよ、という安易さ。「MLBはやってるけどNPBはやらないよ」というのはないものか。

「試合時間短縮」も思ったほどの効果は出ていないようですしね。時間が短くならないのなら申告敬遠制は投手交代、代打、代走時のコールと何ら変わりはない。判定が不服ならすぐにビデオ判定。全体的にシステムが味気ないものになってきています。

敬遠する時って球場が妙に盛り上がるじゃないですか。4球あるからその間にどんどんボルテージが上がります。あの余韻ですよね。試合の流れが大きく変わったり。「敬遠します」コールの後にどんな雰囲気が生まれるのか。

また1つ、プロ野球からドラマがなくなりますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コメントの投稿

(スタイル用のHTMLタグを使えます)