僕の名前はいらない

今日、ディズニーグッズが大集合の催し物を見にあべのハルカスに行ってきた。

ディズニーランドに行って以来、ミッキーマウスが大好きな人になってしまったのです。2回行ったぐらいでハマるという単純さw

一方、大阪に本拠を構えるのがUSJ。こちらはミニオンズ推しが顕著。あべのハルカスの入り口のガラスにはミニオン。道行く車の車内もミニオン。関西ではけっこうミニオングッズを見かけます。こちらもミニオンのふりかけというのをこの間買った。ミニオンは愛嬌があるので肯定的にとらえています。

でも、ディズニー派w

さて、その催し物で気に入ったグッズを見付けましたよ!そんなに近い場所ではないので、何かを買おうとする気には割となっていました。1つはクリアファイル。もう1つはonly for youと言って、受注生産してもらうというもの。Tシャツやマグカップがそうです。

マグカップのオーダーメイドをしてもらうことにしました。内側が薄ピンクで外は白地に黒1色のミッキーマウス。コックの格好をしていて可愛らしい。「目が黒」なミッキーマウス。パイ生地だったり白目黒目あたりと時代やメディアによってミッキーマウスは微妙に異なるのです。

カスタムできるのは内側の色と、マグカップの形と、ミッキーマウスの柄。それと、底面に自分の名前を入れてもらえるというもの。

紙をレジに持っていき、オーダーメイドしたものをお互いに確認したところで店員さんが一言。

「底面にお名前を入れることができますが」

ニコ「いえ、入れなくて良いんです」

「失礼いたしました」

これで1回話は終わったんですね。

ところで、クリアファイルと予約商品の担当は別々でした。隣合っていたので意思の疎通は図れると思っていたのですが、クリアファイル代を支払い終えた後で、その人が一言。

「名前お入れにならないんですか」

呆れたような、ちょっと馬鹿にしたような笑みを浮かべていましたね。

このリアクションからすると、名前を入れることが普通ということか。自分がメインで使うだろうけど、みんなとシェアするつもりのマグカップなので、名前を入れるつもりはなかったのです。だからこちらから内側の色とミッキーのデザインとカップの形をこうカスタムしてくださいと言ってるじゃないかっていうw それだけじゃオーダーメイドしたことにならないのか? 最初の確認の意味で聞いてきた方は良い接客だと思いますよ。2人目の人よ、2人目w

だから、僕のオーダーメイドしたミッキーマウスのマグカップの底には、名前はない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コメントの投稿

(スタイル用のHTMLタグを使えます)